ホーム  >  FX基礎知識  >  FXってナニ?

FX基礎知識〜初心者必見〜

FXってナニ?

FX(外国為替保証金取引)とは、外国通貨の売り買いを行い、利益をだす取引のことをいいます。 最大の特長は「売り」からでも「買い」からでも取引が始められることです。 他にも相場の変動による「為替差益」での利益、「スワップポイント」という通貨の金利差での利益、 少ない資金で大きな取引ができる「レバレッジ」などが FX取引の特長です。 世界には「円」以外にもドルやユーロ、ポンドといった国ごとの通貨があります。 ニュースでも「本日の為替相場です」とありますが、世界の通貨は刻々と為替レートが変化しています。 その変化する通貨の為替レートを利用して利益をだすのがFXです。 1ドル=100円のとき、1ドルを100円に交換できます。 その後、為替レートが 1ドル=120円(円安ドル高)に上がり、持っていた1ドルを円に交換すると120円に なり、20円の利益がでます。 これを「為替差益」といいます。
為替差益とは
為替相場の変動は「ドルを円に交換したい人」と「円をドルに交換したい人」のバランス(需要と供給)によって 決まるため、人気のある通貨は交換レートが上がります。逆に人気のない通貨は交換レートが下がります。

円高と円安って?

FXを行う際に、ポイントとなるのが「円高」と「円安」を理解することです。 「円高」と「円安」とはどういうことなのでしょうか? 外国通貨に対して円の価値が高いか、安いかを表すのが「円高」「円安」です。 1ドル=100円から1ドル=80円になった場合、 為替レートが1ドル=100円の場合、1ドルの商品に対して100円支払います。 相場の変動で為替レートが1ドル=80円になった場合、1ドルの商品に対して80円支払います。 この場合 1ドル=100円 よりも 1ドル=80円 の方がドルに対して円が強くなったため、1ドルの商品を 手に入れるために80円が必要となります。相場の変動で、同じ商品に対してより少ない円の支払いで 済んだということです。 つまり、これは円の価値が上がり、ドルの価値が下がったことを意味しています。 これを「円高(ドル安)」といいます。 1ドル=100円から1ドル=120円になった場合 この場合は、1ドル=100円の時よりも1ドル=120円の時の方がドルに対して 円が弱くなったため、1ドルの商品を手に入れるために120円支払うこととなります。 相場の変動により、同じ商品に対してより多くの円を支払うこととなりました。 これは円の価値が下がり、ドルの価値が上がったことを意味しており、これを「円安(ドル高)」といいます。
円高・円安
単純に100円から80円になったから「円安」、100円から120円なったから「円高」というわけではありません。 この場合はドルを基軸として考えると理解しやすく、1ドル=100円から80円になると「ドル安(円高)」、 1ドル=100円から120円になると「ドル高(円安)」、ということなのです。

スワップポイントとは

FXの2つ目の特長である「スワップポイント」とは、金利が異なる2種類の通貨を売買することによって発生する 「金利差調整分」のことです。金利の低い通貨を売って、金利がそれより高い通貨を買った場合には、金利の 差額分を受け取るということになります。逆に高い金利の通貨を売って、金利の低い通貨を買うと、金利差を 支払うこととなり損失が発生します。 超低金利の日本円(0.1%)を売って高金利のNZドル(3.0%)(※2009年3月時点の政策金利)を買うと、 その金利差は2.9%にもなり、その通貨を保有している間は金利差を毎日受け取ることができます。 これを「スワップポイント」といい、貯めることもできます。

※スワップポイントについてはFX取引業者によって金額が異なるため、ホームページなどでチェックしましょう

レバレッジとは

3つ目のFXの特長は、「レバレッジ」という手元の資金を保証金(担保)とし、保証金(担保)の何倍もの金額の 取引ができることです。少ない資金で大きな額の取引ができます。 1NZドル=50円のとき、レバレッジ1倍なら1万NZドルを取引する場合、50万円の保証金が必要になりますが、 レバレッジ10倍にすると1万NZドル通貨を取引するのに5万円の保証金で取引ができます。 レバレッジ=保証金÷取引金額レバレッジ1倍に比べるとレバレッジの倍数が大きければ大きいほど保証金の 額が低く、大きな額を取引できます。 レバレッジをかけることで大きな額を取引することができ、利益も取引数量の大きさによって大きくなります。 その反面、利益だけではなく損失を受けるリスクも増大するためレバレッジのかけ方には注意が必要です。

【次のページ】 外国為替取引のいろいろ