ホーム  >  サイトご利用上の注意と免責事項
免責事項
当サイトおよび教室で提供しているコンテンツ・資料・テキストは、作成時点で得られる情報を元に、細心の注意を払って作成しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。また、投資知識の学習のための参考となる情報の提供を目的としたもので、特定の銘柄や投資対象について、特定の投資行動や運用手法を推奨・強制するものではありません。投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断でお願いします。なお、投資によって発生する損益は、すべて投資家の皆様へ帰属します。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、情報提供者及び当社(EarthCapital合同会社)、ならびに業務執行社員(株式会社NKS)は一切の責任を負うことはありませんので、ご了承下さい。また、当コンテンツのすべての情報について当社(EarthCapital合同会社)の許可なく転載・掲載することを禁じます。
投資のリスクに関する表記
当サイト及び教室が提供している投資対象や投資手法は元本や利益を保証するものではなく、相場の変動や金利差により損失が生じる場合がございます。投資対象や取引の仕組およびリスクについて十分ご理解の上、お客様ご自身の判断と責任においてお取引いただきますようお願い申し上げます。外国為替証拠金取引などの保証金・証拠金設定のある投資対象については、お客様がお預けになった保証金・証拠金額以上のお取引額で取引を行うため、保証金・証拠金以上の損失を被る恐れがございます。また外国為替証拠金取引の取引レートには売値と買値に差が生じます。 (※外国為替証拠金取引の取引レートには通貨毎に売付価格と買付価格に差額(スプレッド)があります)お客様のパソコン、ネットワーク環境に不具合が生じた場合や、FX業者のシステムに障害が発生した場合などには、取引ができなくなる可能性があり損失を被る恐れがあります。 具体的な外国為替証拠金取引に関するリスクは以下をご参照ください。
価格変動リスク
外国為替市場において、外国為替レートは24時間変動しています(土日や一部の休日を除く)。為替変動によって為替差益が得られる可能性がありますが、反面、お客様の予想と逆の方向に為替レートが変動した場合、為替差損が発生します。
信用リスク
信用リスクとは、基本的な考え方としては、貸したお金が回収できなくなるリスクを言います。 外国為替証拠金取引はお客様と取引会社の相対取引になります。相手会社の財務状況の悪化や倒産などによりお取引が出来なくなったり、 お客様の預けた資金が戻ってこなくなったりするリスクがあります。信用リスクを避けるためには取引相手の会社の経営状態などの入念なチェックが重要です。
流動性リスク
流動性とは、新規にポジションを建てたい、または保有ポジションを決済したいと思ったときに即座に取引を成立させられるかどうかを言います。 日本円や米ドルなどの主要通貨は、値幅制限やその他の通貨管理が行われておらず、通常は高い流動性をもっています。ただし、主要国の祝祭日や週始め、 ニューヨーク市場の終了間際などは流動性が低下し、レートの提示が困難になる場合があります。また、戦争や政変、為替政策の変更などによって一時的に外国為替市場の流動性が低下し、 レートの提示が困難になる場合があります。その場合、お客様のお取引が困難になる可能性があります。
レバレッジにおけるリスク
外国為替証拠金取引においては、預け入れた金額の数倍から数十倍の取引金額をすることが出来ます(レバレッジ効果)。 レバレッジ効果により、小さな為替変動でも大きな収益を上げられる可能性がある反面、損失が拡大する可能性もあります。 その場合、お客様の損失が預け入れている証拠金額を超えることもあります。
ロスカットにおけるリスク
為替相場がお客様に不利な方向に動いた場合、お客様の損失を一定範囲に留めるため、お客様の保有ポジションを反対売買により強制決済する設定がなされています(ロスカットルール)。 通常の市場環境においては、ロスカットルールにはお客様の損失を一定範囲に限定する効果が見込まれます。しかし、特殊な事情により為替相場が一方向に急激に変動した場合、 設定された為替レートよりもお客様に不利なレートで約定されることがあり(スリッページの発生)、お客様の意図しない損失が発生する可能性があります。また、その場合預託している証拠金額を上回る損失が発生する可能性もあります。
スワップポイントにおけるリスク
スワップポイントは、高金利通貨を買建てた場合は受け取りになり、高金利通貨を売建てた場合は支払いになります。 スワップポイントの支払いにともない、預け入れ資産が減少しロスカットルールが適用される場合があります。
金利変動のリスク
スワップポイントは各国の市場金利に影響され、日々変動します。 そのため、市場金利の変動によって、保有ポジションのスワップポイントが変化し、場合によってはスワップポイントの受け取りから支払いに変化することもあります。
逆指値注文におけるリスク
通常の市場環境においては、逆指値注文は指値通りの為替レートで約定されます。しかし、特殊な事情により為替相場が一方向に急激に変動した場合、 設定された為替レートよりもお客様に不利なレートで約定されることがあります(スリッページの発生)。この場合、お客様の意図しない損失が発生する可能性があります。