ホーム  >  FX入門書  >  FXをはじめるまえの準備

FX基礎知識〜初心者必見〜

FXをはじめるまえの準備

初めてFXを始める上で準備しておいたほうがいいことをまとめました。口座準備はもちろん必須なものですが、外国為替を始めるまえに準備するものが他にもあります。例えば、すべらないトレードをしたい場合です。トレードに1秒を争うのであれば、FX会社のサーバーの性能だけでなく、トレードに使うパソコンやネット回線のスピードも重要になります。スキャルピング以外のトレードの場合でも、成行で発注する場合思った価格で買えないことが想定されます。株のトレードと違い、1秒の遅れで約定しないなどの大きな差がでることはありませんが、思い通りにトレードするためには重要なことです。そこでトレードを行う前に行う準備を5つの項目にまとめましたので、ご利用下さい。

5つの準備

安定した環境を提供できるPCとネット環境

FXを始める場合、たいていがPCを使った取引を行うことになります。最近は、FX業者がトレードにつかっているサーバの性能が非常によくスリッページの発生しない安全な取引が可能だと言われていますが、自分のPCの動作が安定していないと、フリーズやブラウザが落ちる(ブラウザを使用するツールの場合)などの事故がおこる可能性があります。また、ネット環境も通信の速度が早いものが断然有利です。特に、家のパソコンの立ち上がりが遅くて使いにくい・・・ネットが遅いという方はもう一度トレード環境を見直しましょう。 とくに低スペック+windows vistaの組み合わせは結構危険です。

自分のライフスタイルを把握し、性格を分析する

どのくらいの時間を取引に費やせるのかは、FXを行う上で重要です。日本では、土日は外国為替取引がお休みなので、平日の24時間のうちで費やせる時間を見つけ出さなければなりません。特に、今日は市場がいい日だからと、仕事中になれない携帯でトレードしていると、急な相場に対応できず損をしてしまうことも。ついついやりたくなる人は、安易なエントリーに注意できるように自分を知っておくことも重要です。

※スワップポイントについてはFX取引業者によって金額が異なるため、ホームページなどでチェックしましょう

使いやすいインターフェーズを選ぶ

投資の際に、スキャルピングを活用される人は、特に操作性とスプレッドを重視したトレード環境を提供しているFX業者にされることをお勧めします。1秒を争う為替取引に使いづらいインターフェーズでは、投資のタイミングを逃します。また、スイングトレードにはスワップ金利が有利な企業を選ぶとよいでしょう。 他にも、インターフェーズとかが気になる人は、特に考えたましょう。ダサいインターフェーズを見ていると、なえてくるので結構大事かもしれませんよ。自分が気に入って見やすいことが大事。また、モバイルでもトレードしたい方は、当然モバイルの取引画面も確認しておくことが重要です。

できれば、予備のパソコンを用意する

トレード中に、電源が切れたとか、システムが落ちた!!!!通信が不安定だ!という事態に対応できないと、かなりキツイことになります。FXをうまくやっている人は、監視用と取引用をわけていたり、ミニノートを待機させていたりと、いろいろやっている模様です。

投資用の資金を確保する

現実の生活がかかったお金でやることは禁物です。負けたときに生きていけない。生活費でトレードを行うことは判断を誤る引き金になりやすく悪影響が考えられます。 投資は、最悪なくなってもいいお金で行いましょう。

  • FXをはじめるまえの準備
  • 役立つ情報を収集しよう
  • FXの証拠金
  • FXのレバレッジ
  • FXの利益・損失
  • FXの金利差益
  • マージンコール
  • ロスカットルール
  • ナンビン・塩漬け
  • 信託保全
  • FXの税金